会社概要

ジャーメインとは?

生意気な精神
night & day !

2011年にパスカル・グランサンが設立したパリのランジェリー&ホームウェアブランド「ジェルメーヌ・デ・プレ」は、シックなシンプルさと生活への愛情を育んでいます。GOTS認証のオーガニックコットン100%のインディアンボイルとクロケットレースを、40色ほどの陽気な色や夢のような色をグルメボックスに詰め、コレクションしてください。 ジェルメーヌ・デ・プレはまた、クールで居心地の良いウルトラ洗練されたエスプリを持ち、環境に配慮したカシミアのラインと独自のプリント、着やすいフローティングカット、コットンやシルクの細かいストライプ、ギンガムコットンガーゼ・・・寝る時も家の中を散策する時もビーチで自分を表現する時もあなた次第です!

パスカル・グランサグネス
創設者

2000年代、Tバックや合成素材が流行していた頃、この純粋なパリジェンヌは、思い出の詰まったスーツケースを持ってインド旅行から帰ってきました...そしてアイデア:鮮やかな色とプリントで、半分国、半分パリのような、いたずら心に満ちたコットンパンティを作りました。 ジェルメーヌ・デ・プレの生みの親、パスカル・グランサンは、かつてロット川岸でタバコを栽培していたアヴェロンの家系と、ドイツ人の母を持ち、そのためクラスメイトからジェルメーヌというあだ名をつけられました。 彼女の冒険は、文学と芸術が詩と小粋さを織り交ぜながら隣り合っている、幼少期のサンジェルマンデプレから始まります。 私のモットーは「少ないことは多いこと」です。私はスローファッションのファンで、新しいコレクションの競争には興味がありません。シンプルで時代を超えたカットを、上質なファブリックと自家製プリントで修正。

「私は色で遊ぶのが好きで、インスピレーションを得るのは
私のアヴェロンの田舎、旅、そして絵の中で。

コミットメント
エコ・レスポンシブル

ジェルメーヌ・デ・プレの作品は、天然繊維のみを使用し、手作業で織られており、エラスタンやライクラを使用しないため、より快適で軽快な着心地を実現しています。ニッカーズはすべてGOTS認証のオーガニックコットン100%で作られています。GOTSは繊維業界で最も厳しい認証で、有機栽培綿、有害成分を含まない染料、尊敬と倫理に基づいた労働条件を課しています。 GOTSラベルには、最高のトレーサビリティを保証するライセンス番号が記載されています。 また、ジェルメーヌデプレではゴミゼロを目指しているので、パンティとナイティに合わせたポーチを端布で作り、小さな綿紙箱は、マカロンのように巻いたパンティのギフトボックスとして最適です。パリジェンヌ・デ・プレは、細部に至るまでパリのエレガンスを追求しています。 また、エコロジカルフットプリントに配慮し、ミルクファイバーを使用した驚きのラインも発表しています。なぜなら、朝食で牛乳を飲むと、着ることにもなるのですジェルメーヌ・デ・プレは、オーガニックミルクのカゼインを使用し、シルクのようなベルベットのような肌触りのナイティとショーツを開発しました。水やエネルギーをほとんど必要としないエコロジーなアプローチ。

セクション
ドロップエレメントはこちら